SleepyMan

りおの生活雑記帳。心身の健康、仕事の効率化など、思いついたネタを綴っていきます。

久しぶりのフランクリンプランナー

紙ベース管理への回帰

 先日まで、私はスマートフォンを手帳代わりに、常ににらめっこしたり、音声入力したりなどしていたのです。他人から見れば、「仕事中に遊んでいる」とか「独り言の多い奴だ」などと、負の感覚で思われても致し方なかったかなと思っています。やはり、見た目は重要だと思います。
 そこで、4年前に書棚へ眠らせておいたフランクリンプランナーを引っ張り出し、今年はこれを使うことにしようと決めました。フランクリンプランナーは、私が学生時代から愛用していた手帳で、見た目のいかつさから机に取り出すと「え?」と凝視される代物でした。
 スマートフォンのデータを、数週間かけて紙ベースの管理へ移行させることにしました。この作業量を考えると、気が遠くなりそうです。

私の自己管理手法

 スマートフォンでは、フランクリンプランナーGTDを組み合わせた自己管理手法を実践していました。余談ですが、使っていたアプリは、Todoistプレミアム、Googleカレンダー、GoogleKeep、Googleドライブなどでした。
 フランクリンプランナーGTDについては、平たく言えば、こんな感じでしょうか。

  • フランクリンプランナー:自分のありたい姿と、それを実現していくための過程を明確にするための手法。
  • GTD:頭の中をすっきりさせ、するべきことを効率良くこなしていくための手法。

 これらは、私にとって一種の宗教的儀式のようなものです。ただでさえ堕落しきっている私がさらに落ちぶれていくのが目に見えているので、これらで何とか自律できるようにしています。この手法については、また別の記事で触れたいと思います。