SleepyMan

りおの生活雑記帳。心身の健康、仕事の効率化など、思いついたネタを綴っていきます。

今週のお題「自己紹介」

今週のお題「自己紹介」

「それじゃあ、自己紹介をお願いします」と急に言われると、名前と所属しか言えない程に薄っぺらいのだと気付くことがあります。

何か事情があって誰かと親しくなろうとする時に、やたらと「私は」を連呼しがちになります。
しかし、かえって相手の言葉を遮る元になるかもしれないと思うから、殊更特段の自己紹介をしない時もあります。こうして、「あの人は凡庸な人」というイメージが出来上がるのかもしれないですね。

他人の話に乗っかって「私はこうなんだよ」と言われるのが、面白い時もあれば気に障る時もあります。「私のネタをちゃんと活かしてくれたのだろうか」とか「私以上に面白いネタを見せてくれるのだろうか」と、心の内で戸惑っています。
この時、自分を落としてネタを取りに行く人は好きなのですが、相手をイジってネタを取りに行く人が「頂けないヤツだな」と感じます。もちろん、面白いなら構わないですが。他人をイジって受けるネタを出すのは本当に難しいから、ほとんどは失敗に終わって相手の顰蹙を買うものです。

これらの今までの経験から、私は、初見で「取り柄のない凡庸な人」、その後、一風変わった「お笑いを体現している人」に思われているのでしょう。

一応、一行で自己紹介すれば「生来のエンターテイナー」としていますが、他人から見て合致しているかどうかは未だ解っていません。