SleepyMan

りおの生活雑記帳。心身の健康、仕事の効率化など、思いついたネタを綴っていきます。

禁煙外来を通い終えての感想

昨日に最後の診察を受け、禁煙外来の治療を終えたので、これまでの経過を残したいと思います。
初めに結論をまとめます。

タバコをやめられない方は、各種の喫煙者への嫌がらせに卑屈にならず、自由に楽しめばよいと思います。
禁煙は一生続きますので相当の苦痛と思われますが、タバコを楽しめない方は禁煙すればよいかもしれません。

禁煙を決意した動機

動機の強い方から列挙します。

  1. 金銭的負担からの解放
  2. 喫煙者として周囲から嫌悪されることによるストレス
  3. ストレスを喫煙で解消しようとすることによるストレス
  4. 胸焼け等の不快感が反復するようになった

これまでの禁煙歴

  • 喫煙は1日あたり20本程度
  • 6年間喫煙、4年間禁煙、その後喫煙再開
  • 前回の禁煙はニコチンパッチを使用

禁煙外来受診中の経過

初回

  • 呼吸機能検査、呼気中CO濃度検査
  • 禁煙による身体と精神の変化について指導される
  • 前回禁煙失敗した原因と対策について指導される
  • チャンピックス錠を医師の指示通りで処方される

第2回

  • 呼気中CO濃度検査
  • 喫煙したくなった時の対処法について指導される
  • チャンピックス錠を医師の指示通りで処方される

第3回

  • 呼気中CO濃度検査
  • 薬を飲み忘れた時の対処法を指導される
  • チャンピックス錠を医師の指示通りで処方される

第4回(最終)

  • 呼気中CO濃度検査
  • 「1本だけならいいかも」は絶対思わないよう指導される
  • チャンピックス錠を医師の指示通りで処方される
  • 特段の心配が無ければ次回は来院不要とのこと

所感

 非喫煙者(特にタバコを嫌う方)からは、何となく人当たりが良くなったような気がしました。仕事中に喫煙していると、サボっているように見えたからでしょう。
 禁煙外来終了後の禁煙達成率は約5割とのことで、あまりに低いのではないかと感じますが、その原因が以下の経験から推察できると感じています。
 もともと金銭節約のための禁煙なので、何の面白味もありませんでした。また、禁煙することのメリットを医師からいくつか説明されましたが、身体的・精神的に何か改善したとは思っていません。もっとも耐え難いのが、何か行動を起こすのに余分な精神的エネルギーを必要とするようになったことです。何をするにも、一服が行動のきっかけになっていたためです。これは一生付き合っていかなければならない課題となるでしょう。あと、喫煙に充てていた時間がなくなり、時間を持て余すようになりました。

まとめ

 やや否定的なことばかり書きましたが、金銭節約できるようになりましたから、総じて禁煙して良かったと思います。
 禁煙を決意する動機は、「金銭」と「人間関係改善」に集約できると思います。何かメリットを感じるならば、禁煙を始めるのがよいでしょう。