SleepyMan

りおの生活雑記帳。心身の健康、仕事の効率化など、思いついたネタを綴っていきます。

注目されたい病

 いつも日記を書き始めては、途中でこんな内容では救いようがないと感じてやめるのです。例えば、こんな内容です。

表現の自由とそれを受け取る態度

 表現の自由とは、自由に表現すること、または、意図して表現しないことを認めることだと考えています。日頃触れる情報や表現に虚偽があろうとなかろうと、表現の自由とは関係ないのです。表現を受け取る側には、よく吟味する姿勢が必要になると思います。

他人の不幸では幸福になれない

 どんなメディア(特にインターネットやテレビなど)を見ても、凡人の同調圧力と承認欲求とを体現したような情報にあふれていて、辟易することがあるのです。他人の失敗や不幸をネタに笑ったり憐んだり、ご意見番と称する輩が外野から「ああでもないこうでもない」とかいう下らない話をするなど聞くに堪えず、私はその場をすぐに立ち去るようにしています。
 他人を羨んだり貶めたり、「私はあの人よりもマシ」だと自ら慰めるよりも、自分の本当にしたいことをただひたすらにすればよいのです。比較し始めたら、自分や他人の欠点ばかり探すようになり、罵り合い、お互い不幸になるだけです。
 狭い日本の中、どこぞの都道府県の中、市町村の中、会社や学校の中、隣近所の集まりの中でドングリの背比べをするよりも、もっと広い視野で物事を見たらよいのです。地球上には何十億の人間がいて、無数の生物がいます。その地球さえ宇宙のほんの一部です。犯罪が少なく知恵と財力に恵まれたこの日本に人間として生まれただけで、十分幸せなのではないでしょうか。なお、もとの環境が恵まれていれば、急激にこれ以上恵まれることが比較的少ないと思いますので、より幸せになる伸び代が少ないと感じるのは理解できます。

他人の感情をコントロールする病

 自分が非凡であり、才能に満ちていて、容姿に優れ、だれもが自分のことを羨んでほしいとでも思っているのでしょうか。注目されたい病とか構ってちゃんとか、そのような人は自分の一生を終えるまでに大変苦労していくのだと心配になります。

 なお、私は、私とその関係者のあらゆる環境の改善に手一杯ですので、これ以上心配しないこととします。あしからず。